熟成牛肉カレー 2種、新発売のお知らせ(「京中ならここまでうまくなる」シリーズ第二弾)

 

2021年2月1日、”京中ならここまでうまくなる”シリーズの第二弾として、『熟成牛肉スパイシー黒カリー』『熟成牛肉ハッシュド赤カレー』2種の発売を開始します。

 

たとえレトルトのカレーだとしても、京中式熟成牛肉を使うと、ここまでおいしくなる、という意味を込めたシリーズ“京中ならここまでうまくなる”の第一弾:熟成牛丼に続く第二弾となります。

 

1)熟成牛肉スパイシー黒カリー

熟成牛肉スパイシー黒カリー大ぶりにカットした、熟成牛肉をホールとパウダーによる スパイス(クミン、マスターシード等)で本格的に仕立てたスパイシーカレーです。このサイズのレトルトの加熱製造工程限界ぎりぎりの大きさのお肉がゴロゴロと入っています。 スパイスラバーがうなるほどのスパイス感は、通常の牛肉 であれば、スパイスが立ちすぎてしまうほどの量ですが、京中式熟成牛肉の味や香りとのマリアージュで スパイスに負けることなく、奥行きのある味わいに仕上がっています。

 

2)熟成牛肉ハッシュドビーフ赤カレー

熟成牛肉ハッシュド赤カレーごろごろと厚切りにした京中式熟成牛肉のコクにトマトの酸味とスパイスが調和したハッシュドビーフカレー。カルダモンやコリアンダー、クミンといった数種類のスパイスを合わせました。京中式熟成牛肉、トマト、スパイス、これらをほんの少しのカツオでまとめました。 黒カリー同様、このサイズのレトルト加工上限ぎりぎりの 大きさのお肉がゴロゴロと入っており、京中の熟成牛肉を存分に味わっていただけます。柔らかな甘みもあり、辛みや刺激が苦手な方やお子様にも食べやすく仕上げました。

 

なお、価格は「黒」「赤」どちらも1人前(200g) ¥1,080(税込)となっております。

 


 

京中ではかねてより販売していた『芳醇熟成カレー』(3種)は、日本の古き良きカレーライスのテイストを残していました。それに対して新しいビーフカレーは、京中式熟成牛肉を使えばこそ、実現可能となったテイストとなっています。

 

ちょっと贅沢でお手軽なご⾃宅食として、また、卒業や入学、新生活のギフトにもご活⽤いただけます。より多くのみなさまに⾁味の濃い京中式熟成⽜⾁ をお⼿軽に味わっていただますと幸いです。

 

これまで販売していた『芳醇熟成カレー』(3種)に加え、本商品の登場により、京中のカレーは全5種類の展開となりました。今後もカレーと熟成牛肉の可能性を探ってまいります。

 

 

 “京中ならここまでうまくなる”シリーズ 5アイテム

 

また、“京中ならここまでうまくなる”シリーズ(第一弾:牛丼3種)と今回の第二弾:カレー2種を合わせて、レトルト商品は5アイテムの展開となりました自宅食をはじめ、様々な形で京中の熟成牛肉を味わっていただきたいと考えております。どうぞおたのしみに。

 

プレスリリース(PDF) Kyonaka_PressRelease_Curry_20210128

京中(京都中勢以)合  1~2月中の休業日のお知らせ

日頃より京中「合(あい)」をご愛顧賜り誠にありがとうございます。
新型コロナウイルス感染症に罹患された方々、関係される方々に、心よりお見舞いを申し上げます。

 

この度、新しい商品の販売順備のため、誠に勝手ではございますが、1月25日(月)より一時休業とさせて頂きます。

尚、2月2日の「節分に日」は、恵方巻の販売のため、営業いたします。

新商品の販売準備が整いましたら、2月8日(月)に再オープンをさせて頂く予定です。

お客さまにはご不便をおかけいたしますが、今後とも京中「合(あい)」をご愛顧頂けますようお願い申し上げます。

 

現在、京都府も緊急事態宣言下にあります。

弊社では、京中オンラインストア(ネットショップ/精肉・加工品など)を引き続き営業しております。ご自宅でおいしいお肉をという際には、是非ご活用いただければと思います。(京都中勢以(京都・六地蔵/精肉販売)、も営業しております)

 

休業期間中のお知らせにつきましては随時、下記のサイトにてご案内いたしますので、ご確認ください。

 

・京中公式サイト http://www.kyotonakasei.jp/column/

・京中オンラインストア https://store.kyonaka.jp

 

 

*休業期間中のお問い合わせ先

京中(京都中勢以):075-571-6962(水曜日を除く午前9時から午後6時半まで)

京都中勢以(精肉店)2020年年末~2021年年始の営業

日頃は、京中をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

京都中勢以(京都伏見、精肉店)の年末年始(2020→2021)の営業につきまして、お知らせいたします。

 

年末の2020年12月29日(火)〜31日(木)は、予約販売を中心とした特別営業とさせていただきます。

 

年始は2021年1月2日(土)より、臨時営業させていただきます。

 

【2020年】

12/28(月) 通常営業 午前9時~午後6時半

12/29(火) 年末特別営業 午前9時~午後5時 (ご予約商品のお受け渡しは、午後5時以降も承ります) 当日ご予約の時は、翌日10時以降のご用意

12/30(水) 年末特別営業 午前9時~午後5時 (ご予約商品のお受け渡しは、午後5時以降も承ります) 当日ご予約の時は、翌日10時以降のご用意

12/31(木) ご予約分お渡し準備完了後、商品終了まで販売します

 

【2021年】

1/1(金) お正月休み

1/2(土) 臨時営業 午後3時〜5時

1/3(日) 臨時営業 午後3時〜5時

1/4(月) 通常営業

 

以降、火曜予約販売(当日予約可)、水曜定休、営業時間午前9時〜午後6時となります。

 

2020年は様々な変化が求められました。皆さまに支えられ、前向きに試行錯誤とご提案を続け、新しい出会いに恵まれ、こうして無事に年末営業そして新年を迎える準備ができますことを心より感謝いたします。

 

みなさまの安全とご健康、そして益々のご多幸をお祈りいたします。よいお年をお迎えください。

 

京都中勢以

Tel 075-571-6962・Fax 075-571-3952

京中 月(にくづき) 時短営業のお知らせと2020年~2021年の年末年始の休業日について

この度、京都府からの飲食店時短要請に応じまして、

12月21日(月)~1月11日(月)まで

ディナーの営業時間を18時~21時までといたします。

なお、現在、ディナー営業につきましては、予約制とさせていただいております。

 

年末年始の休業日につきましては、

12月28日(月)、31日(木)、1月1日(金)、6日(水)、12日(火)

といたします。

 

京中 月(にくづき)|営業再開のお知らせ

お客さま各位

2020年5月21日

京中 月(にくづき)

 

日頃より京中 月(にくづき)をご愛顧賜り誠にありがとうございます。

新型コロナウイルス感染症に罹患された方々、関係される方々に、心よりお見舞いを申し上げます。

 

この度、京中 月(にくづき)の営業を、明日(5/22)、再開させることにいたしました。ただし、休業前とは異なり、限定的な再開となりますことをお許しください。

 

【5月末まで】
・ディナー営業のみ
・1日2組さま限定
・コースメニュー限定(前菜、スープ、サラダ、メインのお肉→ご予約時にお肉の部位をご相談させていただきます。)
・14,000円、11,000円(部位が異なります。税別・サービス代込みです。)
・完全予約制(前日までのご予約ください。)

尚、5月6月のディナーに関しましては、通常の前菜に加えて牛生ハム禄と通常200gでご用意させていただいているステーキを30g増量してご用意させていただきます。

 

ご予約は、お電話075-748-1429、もしくは、メールnikuzuki@kyonaka.jpまでご連絡ください。

 

【6月から】(予定)
・ランチとディナーの営業
・ランチは入店3組さま限定
・ランチのテイクアウトメニューをご用意(順次)
・ディナーは1日2組さま限定
・コースメニュー限定(前菜、スープ、サラダ、メインのお肉→ご予約時にお肉の部位をご相談させていただきます。)
・14,000円、11,000円(部位が異なります。税別・サービス代込みです。)
・完全予約制(前日までのご予約ください。)

 

営業再開にあたり、その理由を以下にご説明いたします。

 

理由1:緊急事態宣言が解除されたこと。

理由2:日常を取り戻し、これまで通り、皆様においしいお肉をお届けすること。

理由3:より多くのお肉を食べていただくことで、生産者の日常を早く取り戻すこと。

 

上記理由による営業再開にあたり、入店いただくお客様数の制限、店員のマスク着用、手洗いの徹底などの新型コロナウイルス感染防止策を実施させていただきます。また、体調のすぐれないお客様の入店をお断りさせていたく事もございまうす。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 


 

最後に、チャリティについてご案内です。

 

弁当の底力 – The Power of Bento|https://powerofbento.com

 

4月後半より、京中 加藤謙一が代表世話役となり、京都にゆかりのある飲食店や食材店、生産者などの協力を得て、京都第一赤十字病院さまと京都市立病院さまの医療従事者の皆さんに、手作りのお弁当をお届けする、というものです。

 

5月21日現在、累計2125食のお弁当をお届けし、その取り組みは、京都ラジオ、京都新聞、NHK京都でも取り上げていただきました。

 

参加・後援している方々の数は、

1)自社提供支援事業 参加飲食店・食材店・企業:19

2)全日本・食学会支援事業 参加飲食店・企業:30

3)後援企業・団体:11

となっております(詳細は公式サイトをぜひご覧ください。また、これからご協力いただける飲食店や食材店、企業や団体の方も引き続き募集しております。)。

 

またお弁当にアンケートも添えさせていただいたところ、お弁当に関するたくさんのフィードバックや、逆に励まされる内容、心に残るあたたかなメッセージをいただき、私たちはひとりではないことを改めて感じさせていただく大切な機会となっております。これまでご支援をいただいたみなさま、ご協力をいただいているみなさまには、心より感謝を申し上げます。

 

さて、このチャリティについては、京中 月(にくづき)でご飲食をいただいた売上の一部も「弁当の底力」に還元され、お弁当という形で、今日も医療の最前線で戦う医療関係者の皆さんの支援につながっています。

 

この機会に、ぜひこの取り組みについてお見知り置きいただき、もしご賛同いただける場合には、奮って参加・後援の方々のお店をはじめ、京中 月(にくづき)でのお食事、京中 合(あい)での肉惣菜やお弁当のお買い物、京都中勢以(六地蔵)における精肉のお買い物、京中オンラインストアでの精肉や加工品などのお取り寄せを通じ、ご支援いただければたいへん幸いです。

 

以上
アフターコロナ、ポストコロナ、withコロナ、新しい生活様式、New Normal、様々な用語が飛び交う昨今、京中としてできることは何か、走りながら考えてまいります。

 

その只中で、条件付きではありますが、京中 月(にくづき)営業再開をここにお知らせできることを嬉しく思います。

 

引き続き、弛まぬご支援とご指導ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

 

経済活動再開にあたり、みなさまの益々のご健康と安全を心より祈念いたします。