肉と人をつなぐ「月 (にくづき)」開店のご案内

Nikuzuki_Logo_W1280-3

中秋の名月が近づく今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

さて、来たる2015年10月15日(木)、京都 中勢以のお肉を召し上がっていただける

お肉料理屋「京都 中勢以 月 (にくづき)」を開店いたします。

 

今年3月のフルリニューアルに続き、新しいお店を開店させる事が出来ますのも、

ひとえに皆様のご愛顧によるものと深く感謝申し上げます。

 

場所は、京都東山の古川町商店街と白川の交わるところ。東大路の知恩院前交差点を東に入り、一筋目を少し上がった辺りです。

 

そこは、京都 中勢以の仕事を少し進めたお店。

良い肉を良い状態に、そして、良い具合で召し上がっていただく。そんなお店です。

良い肉を選ぶ事、その肉を良い状態にする事は、これまで我々が続けてきた事です。続けてきた中で良い肉について、そして良い状態について、今の京都 中勢以としての答えが見つかりつつある中、お肉を良い具合で召し上がっていただきたいという思いを、今回の「月 (にくづき)」という形にしました。

 

「月 (にくづき)」では、良い具合でお肉を召し上がっていただく為、味付け、火入れ、他の食材との組み合わせ等に対して、毎日、お肉をさわっているからこそできるお肉料理をご用意いたします。

 

お料理の最初の主役は、ハンバーグステーキです。

その他、現在、メニュー開発中ですが、煮物、揚げ物、焼き物、それぞれのお肉料理をお召し上がりいただきたいと考えています。

 

お肉は、京都 中勢以の熟成庫から、その日の肉の状態を見て切り出し、その肉の個体差や、その状態の差に合わせて調理いたします。その為、お料理によっては、毎日少しずつお肉の味わいが異なります。

 

これまで、但馬牛や枝肉熟成といった言葉から、京都 中勢以は、頑(かたく)なで難しい店、という印象がなきにしもあらず。「月 (にくづき)」では、ここちよく、取っ付きやすいお店を目指しております。

 

さらに、お肉料理というと「ガッツリ+重たい」という印象が先行する場合がありますが、「しっかり+かろやか」なお肉料理を目指しております。

 

月は、太陽と地球の位置関係で、満ち欠けしながら、刻々とその姿を変えますが、その存在は常にそこにある。そんな月に想いを重ねつつ、我々も皆さまとお肉を新しくつなぐお役に立てましたら幸いです。

 

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

京都 中勢以

加藤 謙一

 

京都 中勢以 月 (にくづき)

住所:京都市東山区稲荷町北組573

電話:現在申請中

京都 中勢以 フルリニューアルオープンの御礼

1981-2015

 

2015年3月18日、京都 中勢以が新しい一歩を踏み出しました。

 

オープン初日には、多くの方々から、励ましのお言葉やお祝いのお花、お酒などの品々を頂戴いたしました。誠にありがとうございます。

 

1981年の創業以来、34年間積み重ねてきましたお客様と農家さんとの信頼関係を土台とした、一歩です。

 

お肉のショーケースを置かず、すべてのお客様にご用を伺い、その日、その時のお求めに合わせてお肉を見立て、ご用意させていただく。

 

34年前、肉を食べるお客様の為に良い牛を良い肉として提供する事を目的として、牛を育てる農家さんの為、そして自分たちが気持ちよく生きていく為に創業いたしました。その目的を果たす為、牛一頭を買付け、その日の販売に合わせて枝肉を裁き、切り出し、売るという方法を選択しました。その中で、当時から精肉は寝かせた方が良い状態になる事は、食肉業界では、割と知られておりました。京都 中勢以においても骨付きのまま、2~4週間ほど寝かせて販売しておりました。それが、創業以来、熟成を行っていると言われる所以です。

 

創業から15年後の1996年、販売量の増加に合わせ、寝かせるというよりも、きっちりと熟成を施した方が良いという考えから、第一熟成庫を建設。2008年には、より多くの枝肉を熟成させる為に第二熟成庫を建設。

 

また、2004年からは、「安心で旨くなければ」をモットーとして、農家さんの事や熟成を中心とした肉の事、自分たちの取り組んできた事や、現在取り組んでいる事をご覧いただきたいという思いや、理解していただきたいという考えをそのまま言葉や文字、形にしてきました。

 

そして、2015年。これまで積み上げてきた中から、無くても良いのではないかという物や言葉をそぎ落とした形として、京都 中勢以として、店舗を改装し、ウェブサイトを新設いたしました。

 

店舗では、これまで通り、お客様の為、農家さんの為、そして自分たちの生きる為、それに加えて、これからの日本の畜産業の為に、未来に繋がる仕事の出来る場所を作りました。未来に繋げるその方法は、また次のコラムの中でお伝えしたいと思います。

 

このコラムでは、京都 中勢以の考え方はもちろん、季節のご案内を中心に、今回のウェブサイト作成の過程でそぎ落とした言葉を補足する意味合いも込めて、少しずつお伝えしていきたいと思います。

 

すぐに知りたい、もっと深く知りたいという事がございましたら、お電話やメールではお伝えが難しい事が多い為、新しい店舗にぜひお越しいただき、お伺いいただければと存じます。

 

この度、フルリニューアルオープンを行う事ができました事は、ひとえにお客様と農家さん、そして、その他、様々な形で京都 中勢以を支えてくださった方々のおかげでございます。心から御礼申し上げます。

 

新しい京都 中勢以が、「牛・肉・人のつなぎ手」として、これまでの「和」をますます深め、新しい「和」がつながり広がる事を心から願いつつ、はじめのコラムの結びとさせていただきます。

京都 中勢以
加藤 謙一

 

京都 中勢以 開店のお知らせ

 

謹啓 向春の候、

ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

 

さて、京都 中勢以の新店舗が、

本日三月一八日(水)、開店の運びとなります。

これもひとえに皆様のご愛顧によるものと深く感謝申し上げます。

京都 中勢以は、今一度「日本の肉屋」の仕事に徹する所存でございます。

今後とも倍旧のご指導ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

まずは、略儀ながらご挨拶申し上げます。

 

敬白

二〇一五年三月吉日

 

京都 中勢以

加藤 中謙

謙一

社員一同