京都中勢以は、京中(きょうなか)へ。

京都中勢以は、京中へ。

 

 

お客さま各位

 

日頃は、京都中勢以、京都中勢以 月(にくづき)、京都中勢以 合(あい)
の3店舗をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

本日、令和元年6月1日(土)より

京都中勢以は、京中(きょうなか)へ

ブランド名を新たにしました。

 

明治後期より“牛、肉、人”をつなぎ、大正、昭和、平成、そして令和という新しい時代に、普遍的な価値を未来に継承しつつ、新しい変化や共有、そして挑戦を続けていくために、名前をシンプルに、読みやすく、親しみやすさを備える、といった想いを込めました。

 

また、これまで加藤家が培ってきた肉の扱いを畜産農業に携わるみなさまと共有することがより多くのお客さまに「おいしいお肉」をお届けすることにつながると信じて、方法論あるいは哲学として「京中式」と再定義します。また、京中式で枝肉長期熟成を施した牛肉及び豚肉を「京中式熟成肉」としてご提案してまいります。

 

kyonaka.jp

 

さらに、京中として新たな第一歩として、「京中オンラインストア」をオープンします。

 

store.kyonaka.jp

 

これまで京都を中心にお届けしてきた「京中式熟成肉」を全国のお客さまにお届けできるようになりました。私たちにとっては、4店舗目の重要な位置付けとなります。京中オンラインストアについては、次のコラムにてご紹介いたします。

 

また、これまで京都中勢以としての情報発信を本コラムを中心に行ってまいりましたが、京中として、FacebookやInstagramといったSNSを利用した情報発信、イベントやセミナー、雑誌での連載など、様々な方法で「京中式」をお伝えしてまいります。

 

精肉店 京都中勢以〔京都市伏見区〕、レストラン 京中 月(にくづき) 〔京都市東山区〕、肉惣菜店 京中 合(あい) 〔京都髙島屋地階〕、そして京中オンラインストアをどうぞよろしくお願いいたします。

 

牛、肉、人をつなぐ。
京中

京都髙島屋 第38回グルメのための味百選 出店のご案内

 

 

KyotoNakasei_Takashimaya_Ajihyakusen_001

 

 

白露、夏から秋への移ろいが感じられる季節です。

 

さて、先のコラムでもお知らせの通り、明日9月15日(土)から24日(月・祝)まで、京都髙島屋 7階 催事場にて開催されます「第38回グルメのための味百選」に初出店いたします。

 

味百選とは、

 

「全国津々浦々から、老舗や銘店の味を厳選した味百選。作り手の思いと髙島屋が向き合いながら、歳月をかけて取り集めた美味と佳品の数々です。」(髙島屋オフィシャルページより)

 

北海道展や九州展といった地域別、パンやスウィーツといった内容別など、数ある食の催事の中でも全国の良い品を集めた特別な催事です。

 

今回は、イートインコーナーにて、「京都中勢以 月(にくづき)」のみでお召し上がりいただける「熟成肉 特製ハンバーグ」を特別にご用意しました。

 

また、「枝肉熟成牛肉 サーロインステーキ」と新商品「枝肉熟成牛肉 ローストビーフ丼」もお召し上がりただけます。

 

詳しくは、こちらをご覧ください。

 

京都髙島屋 7階にて、みなさまのご来店をお待ちしております。

 

京都 中勢以

本日開店! 京都 中勢以 合(あい)

 

Kyoto Nakasei Ai

 

京都 鴨川のほとりは、

夏の風物詩 川床(ゆか)の仕度が整い、

梅雨の中休みは、初夏の陽気を運んできました。

 

その鴨川からほど近く、京都でもっとも賑わうという

交差点、四条河原町。

その一角、京都髙島屋 地階にて、

2016年6月12日(日) 午前10時、

肉惣菜店「京都中勢以 合(あい)」が開店しました。

 

本日初日、おなじみのお客様から新しいお客様まで、

たくさんの方々にご来店いただいており、

感謝申し上げます。

 

良いお肉を良い状態で召し上がっていただく。

京都 中勢以の取り組みを、また一歩進めた、

肉屋でも肉料理屋でもない、

牛、肉、人が出合う交差点です。

 

醤油または塩でふわりと炊いたすき焼き弁当、

塩、たれ、醤油で仕上げ肉味が感じられる焼肉重、

味も見た目も食べ応えあるステーキ弁当、

しっかりした味つけに肉が負けない

牛しぐれ煮のおにぎりやサンドイッチ、

熟成肉を使った肉じゃがをはじめとする肉惣菜、

そして、部位毎に丁寧に焼き上げられ、

まるで精肉のように切り出されるローストビーフ。

 

お肉との相性を大切に

お米や野菜といった食材から

塩や醤油、酒、出汁、海苔といった調味料や脇役、

お包みする器や容姿のすべてを吟味し、

丁寧に仕立てたお弁当・お惣菜です。

 

本日、私たち京都 中勢以が三位一体、

3つで1つのご提案ができる土台が整いました。

 

1)京都 中勢以 @京都伏見

 

日々の食卓の一品や贈りものとしての精肉をご提案

 

2)京都 中勢以 月(にくづき) @京都東山

 

日頃の肉料理をかろやかにおたのしみいただくご提案

 

3)京都 中勢以 合(あい) @京都髙島屋

 

日常のご昼食、散策や観劇のお供、ハレの日の

おもたせ等々、様々な場面で使い勝手の良いお弁当や

お惣菜のご提案

 

お肉を通じ、大切な人と、笑顔で満たされた

かけがえのない時間をお過ごいただけたなら。

 

牛、肉、人のつなぎ手として、唯一無二のご提案を

一層、心がけてまいります。

 

「お肉の力」を体感・体験いただく、京都 中勢以 合。

 

みなさまのご来店を心よりお待ちいたしております。

 

2016年6月12日

京都 中勢以

従業員一同

 


 

店名「合(あい)」に込めた想い:

・人とお肉が「出う」場所

・お肉への愛情、愛する、愛、あい

・お持ち帰り=to go、Go、